2010年08月02日

vol.14

ペットにまつわることならOK!お悩み大募集!

Vol.14

yurika_vol14_title1.jpg

我が家のミミは普通のワンコよりもムダ吠えが多く、お散歩の時には不思議な行動をとります。アドバイスを下さい!

●飼い主:smimi 女性
●愛犬:ミミ 7歳 女性
ミミブログ
http://mimisama.a-thera.jp/

我が家の7歳になるコーギーMIXミミについてです。

昔からなのですが、普通のワンコよりもムダ吠えが非常に多いです。家族で買い物に行き、帰宅した時には必ず最後の人に吠える(決して喜んで吠えているようにはみえない)という不思議なムダ吠えも多々あります。前に何かの本で、「犬が吠える時は必ず何か理由がある」と書いてありました。その都度、理由は異なるとは思うのですが、ミミが吠え続ける本当の理由とはなんなんでしょうか?

それと、お散歩に行くときの悩みでもう一点あります。お友達のワンコに遭遇した時に、真っ先に活発なミミが相手のお尻の臭いを嗅ぎにいきます。そこまでは、普通のワンコの行動だと思うのですが、相手のワンコには絶対にミミがお尻の臭いを嗅がせません。(尻尾を内側に丸めて完全に拒否します。)なので、いつも尻尾をあげて相手のワンコと同等にさせてあげています。こちらも最初の悩みと同じく性格の問題なのかもしれないのですが原因が気になります。鑑定よろしくお願いします。

皆さんが困らないなら、このまま吠えさせてあげておくのがベスト!
あまり考えすぎないで、本人の気が済むようにさせてあげましょう。


回答

ミミちゃん、快活で活発な性格ではあるものの決して「自分が、自分が」という自己主張の強いタイプではないのですが、妙にしっかりしているところがあるというか、まあ言ってみれば「仕切りたがり」みたいなタイプのようです。
結構細かいところが気になり、そこはこうでしょう、違うでしょう、ちゃんとしなくちゃダメでしょう、と相手にいちいち注意して仕切っているような感じです。無駄吠えに見えても彼女にとっては無駄ではないのですね。確かにその状況によって理由は違うのです。が、基本ラインとしては「仕切っているつもり」なわけです。別に大きな不満や怒りというものではなく、今のところストレスにもなっておらず、むしろせっかく仕切ってあげているのに叱られてしまうほうが「どうして?」というストレスになる怖れがあるので、皆さんが別に困らないならこのまま吠えさせてあげておいたほうが良いような感じがします。「最後におうちに入ってくる人はこうしなくちゃダメじゃない!何度言ったらわかるの?」と言っているような・・・。

お尻の匂いを嗅ぎたがるが嗅がせない、という点について。明るく仕切りたがりの割には自分の力にはあまり自信がないのです。でも恥はかきたくない!この犬はどういう子かしら、私と比べてどのくらい強い(弱い)のかしら、ちょっと調べてみたいわということで匂いを嗅ぎたがる。これはわかりますね。でも自分の弱みは知られたくないの!というわけで相手には自分の手の内を見せない、これもわかりますよね。傍から特に人間から見ると相手の犬やその飼い主に対して失礼な行動に映ってしまうため、気を遣ってミミちゃんの尻尾を上げて相手の子にも同じようにさせてあげていらっしゃるのだと思いますが、もしミミちゃんがそれでもあまり嫌がらないようなら構いません。けれど、もしも強く抵抗するようであれば相手の飼い主さんにも「ごめんなさい、この子はこういう子なので」と説明してミミちゃんのお尻は守ってあげたほうが良いと思います。何かストレスや不満あるいは恐怖が原因でしていることなら対策を考えなくてはなりませんが、これはもう本当に性格としかいいようがないものです。困ったことだ、と考えすぎず本人の気が済むようにさせてあげるのが最良のようですね。

ミミちゃんのリーディングをしていて、何だかこういう人っているわよね〜と思ってしまいました(笑)。

ポイントカード:ワンドのクイーン(逆位置)

前にも出たことがあるかもしれませんが、基本的には強くてしっかりした女性を現します。逆位置になっているともう少し「気の強さ」が強調されたり、ここでは違いますが「我の強さ」として現れたりします。
他のカードとの組み合わせで「仕切りたがっている」というふうに読めました。


警戒心や臆病さを現す場合もありますが、ここではむしろ「細かいことにこだわる」性格を示しています。自分が納得できるまで細かく調べる、というような意味もありますし、状況によっては「頑固さ」を示すこともあります。
ミミちゃんの「不思議な行動」については、こちらが止めようとしても聞かないだろう、無理やり従わされるほうがずっと居心地が悪くなり、どこかで別のネタを見つけてはまた同じことをするだろう、というふうにも出ていました。要するにそういう性分なのです。

人間でも「ちょっとあなた、そんなこと別にどうでもいいじゃない」ということにこだわったり、それにとどまらず自分のこだわりを他人に押し付けて?くるような人がいますよね。相手の近況はやたらに聞きたがるのに自分のことは言いたがらないとか・・。周囲から「まあちょっと困ったな」と思われることはあっても「そういう性格だ」で済まされてそれなりに愛されたりしているものです。
動物にも当然いろいろな性格がありますが、ミミちゃんはちょっと笑えるかもしれない、愛すべき性格のワンちゃんに思えます。



鑑定者紹介

碧海 ユリカ (あおみ ゆりか)

慶応義塾大学大学院文学研究科修士課程修了

潮島郁幸に西洋占星学を師事する傍ら独自のタロットカードリーディングを研究、「運」より「意識」を重視し、深い洞察と直観により幅広い分野における的確かつポジティブで元気が出るリーディングに定評がある。(大の猫好き!)


●ホームページ http://www.eureka-aomi.jp/
●ブログ http://ameblo.jp/eurekamoureuse/

※携帯サイトは右のQRコードからご覧下さい。


ニックネーム アセラ事務局 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする