2010年09月20日

vol.17

<!-- MATCH SEESAA : NO FLOATING -->eXg

Vol.17

yurika_vol17_title1.jpg

家族みんなで可愛がっているレモン。吠えの理由と、どんな時でも一人を好む理由を教えて下さい。

●飼い主:ふみこ 女性
●愛犬:レモン 1歳10ヶ月 女性
レモン日記
http://lemonwan.a-thera.jp/

まもなく2歳になろうというビーグルの成犬がいます。家族みんなで、毎日毎日とても可愛がっています。

前々から気になっていた事があるのですが、家族が帰ってくる度に玄関に向かって異常に吠えます。普通の家のワンコだったら、家族だったらあまり吠えないはずなのに、うちのレモンは他人が来ても、旦那が帰ってきても、とにかく同じように吠えます。私が家に帰った時でも、異常なくらい吠え続けるんです。うちにきて、2年も経っているのに「まだ慣れていないの?」なんて風に思ったりもします。これって何か原因があるのですか?

あとは、とにかくレモンはどんな時でも一人を好みます。公園に行って他のワンコ仲間に相手にされなくても一人で遊び続けています。他のワンコと仲良くなれないのかな?と思った時期もあったんですが・・・やっぱり一人が好きなんでしょうか?最近は、うちに来た頃よりも年中毛の抜けもあるしワンコのストレスもなにかと話題になってたりするんで結構心配だったりしています。何か理由みたいなものがあるんでしょうか?これからも更に大人になっていくレモンの為にも、占って頂き助言があればハッキリとアドバイスをお願いいたします。

レモンちゃんが吠えるのは、ちょっぴり分かりにくい一つの愛情表現!
ひとり遊びになってしまうのは、「人見知り・犬見知り」が原因です。


回答

レモンちゃんが皆さんに対して吠えるのは怒っているからではありません。ご家族に対しては明らかな甘えから吠えています。つまり、どうして自分をおいて出かけたのだ、どうしてもっと早く帰ってこないのだ、と言っているわけです。ご家族が留守で寂しい場合、帰宅時にはあらん限りの嬉しさをぶちまけるというタイプの子のほうが多いのかもしれませんが、レモンちゃんは「ひどいじゃないか〜」という方向で愛情を表しているわけですね。少々わかりにくい形で気持ちを表現するふしも出ています。

一方で、ご家族以外の方々に対してはどちらかというと「威嚇」に近い感じです。相手がどんな方であれ、とりあえず「あんまり来ないで欲しかったんだけどね」という気持ちを伝えています。人見知りとか人嫌いであれば奥のほうに引っ込んでしまって出てこないのではないか、と思いそうなものですがレモンちゃんの場合はとにかく人間に対して「自分の気持ちを積極的に伝える」傾向が強いのです。来訪する相手によって好き嫌いもあるのですが、よく知っている相手に対しても「何しに来たんですか」と言っているようなのです。人間から見ればどれも同じように「すごく吠えている」のであっても、その時々によって気持ちや「言いたいこと」は違っています。

また、レモンちゃんはある種の「人見知り・犬見知り」でもあります。気が弱いからではなくて「面倒くさいから」だと出ています。特に相手がどういう人物・犬だかよくわからないうちはかかわりたくない、相手に合わせるのが面倒だから・・と思っている感じです。よく知らない相手に対して自分のほうから積極的に甘えていく、というのは苦手なのです。ですから、いきおい他の犬ともあまり交わらず「ひとり遊び」になるのです。そのほうがマイペースでいられて楽だからです。こういうタイプの子は環境の変化にもあまり強くないのですが、本当にちょっとしたこと、環境の変化とも言えないくらいの本当に小さな「気に食わないこと」がいちいちストレスになっている可能性が高いと思います。抜け毛についてはストレス以外の原因もありそうです。獣医さんともよく相談して食事の内容を見直してみて下さい。

ポイントカード:Sun19(逆位置)

「太陽」にはとても沢山の意味がありますが、もっともシンプルに表せば「明白であること」といえます。これが逆位置になると「あまりはっきりしない」つまり太陽に雲がかかったような感じになります。ここではレモンちゃんの感情表現の特徴として出ていますが、他に強いカードがいくつか出ているので「もじもじして大人しい」ではなく、単に「ストレートでない表し方」という読みになりました。


この「力」もいろいろな意味があり、単純そうに見えて実は読み方が難しいカードです。相手や周囲の状況、あるいは自分の感情などを「コントロールする」という意味もあるのですが、ここでは逆位置になっていますのでその「コントロール」がよく出来ていないことになります。相手に合わせたり、相手を自分に合わせさせたりすることが苦手だというような解釈になります。ミもフタもない言い方をすれば「不器用」ということなのですが・・・。レモンちゃんが他の犬と遊ばない理由として出たのですが、本人がそれを全く苦にしていないなどとも出ていたので単なる「不器用」というより「面倒くさい」に近いんじゃないかとリーディングした次第です。

私ごとで恐縮ですが、うちの猫は非常に口数が多く更に鳴き声のヴァリエーションが異常に豊富なので、その都度「何を言っているか」がわかりやすいんです。お客様に向かって大変失礼なことを言っている時もあり、先方にはおわかりにならないだろうなと思うもののこちらとしては結構ヒヤッとします。
しかし、一般的に犬は猫ほど鳴き声というか吠え声のヴァリエーションがありませんし、大声で何か言っていればただ「吠えている」としか聞こえなかったりするのかもしれませんね。でも、声以外の部分でもすごく微妙な差異が出ているのではないか、よくよく注意していればそれがわかってくることもあるのではないかと思います。

レモンちゃんの場合は、その都度意味が違うものの基本的には「不満」という形で気持ちを表現している感じがしますので、ますますわかりにくいかもしれませんね。また、「コントロールできない」ということは何事も極端になる傾向があるとも言えるのです。ちょっとの不満なのに大声で吠える、ストレスになる、「適当に遊ぶ」のではなく「誰とも遊ばない」などなど。毎度同じことを言うようですが、やっぱりこちらが気を遣って安心感を与えてあげるしかないのです。これについてはやりすぎるくらいでちょうど良いと思います。



鑑定者紹介

碧海 ユリカ (あおみ ゆりか)

慶応義塾大学大学院文学研究科修士課程修了

潮島郁幸に西洋占星学を師事する傍ら独自のタロットカードリーディングを研究、「運」より「意識」を重視し、深い洞察と直観により幅広い分野における的確かつポジティブで元気が出るリーディングに定評がある。(大の猫好き!)


●ホームページ http://www.eureka-aomi.jp/
●ブログ http://ameblo.jp/eurekamoureuse/

※携帯サイトは右のQRコードからご覧下さい。


ニックネーム アセラ事務局 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする