2010年10月18日

vol.19

Vol.19

yurika_vol19_title1.jpg

車を見るとすごく興奮する我が家の愛犬さくら。どんな気持ちなのか教えて下さい!

●飼い主:ゆかさく 女性
●愛犬:さくら 5歳 女性
おバカな日記U
http://yukasaku2.a-thera.jp/

我が家の10月20日で5歳になるさくらが昔から駐車場に行くと興奮して吠えてしまうんです。そして、車をキャンキャン言いながら追いかけるんです。おかしいくらいに興奮します。家でも出窓から道路に車が通る物なら大騒ぎ。散歩中も車が通ると猛スピードで追いかけます。車でおでかけが好きとかいうレベルではなく、万が一の時が恐くてなりません。愛犬さくらの気持ち、教えて頂けないでしょうか?

車が好きというよりかは、むしろ怖いと感じています!
行動をなくす事は難しいですが、収まっていく傾向なので安心して下さい。


回答

さくらちゃんは「車に対して異常に反応する」とのことですが、音に反応しているのではないですし、別に車がすごく好きだというわけでもなさそうです。

自分が車に乗るのはともかくとして、どちらかというと車は好きじゃないし怖いか怖くないかといえば怖いほうだ、と思っているようです。これはどんな車であっても同じです。さくらちゃんの中で、「車」というのがどれも同じように認知されているらしいからです。さくらちゃんは、どうも車そのものよりも「中にいる(であろう)人間」が気になっているみたいです。もちろんさくらちゃんには誰がいるのかわからないわけですが、要するに誰かを探しているような感じなのです。これは前世レベルの話ではなくさくらちゃんがこの世に生まれてからの話ですが、誰かすごく好きな人が「車に乗って去っていった」ようなことがあり、その人のことが忘れられない、もしかしたらあの車に乗っているかもしれないと思うと、もういてもたってもいられず夢中で興奮してしまうのです。どの車にもいるわけはない、と匂いか何かでわかりそうにも思うのですが、というかちょっと落ち着けば「いない」と実際にわかるのですが、その瞬間は興奮しているのでダメなのです。むしろ、探している人の気配がなさそうだと却って「どうして?ひどい、ひどい!」という気持ちになって興奮してしまうとも出ています。

ただ、幸いなことに車そのものに反応しているわけではなくむしろ本当は「好きではなくて怖がっている」くらいなので、危険な目にあうようなところまでは至らないと思います。 この行動をなくさせるのは難しいことですが、おそらくこれ以上エスカレートすることはなく、どちらかというと段々に収まってくる傾向にあります。

ポイントカード:ディスク5(逆位置)

前にも出たことがあるかもしれませんが、「自分から背を向ける」というような意味があります。さくらちゃんが車そのものに対して抱いている気持ちや姿勢について出ていました。つまり、車が好きで追いかけているわけではないということがこれでハッキリするわけです。


エースのカードはそれぞれ「始まり」というような意味がありますが、中でもこの「ワンド」は「自分の意志で」何かを始めるようなときに出るものです。「背を向ける」カードが出ている一方で「自分の意志で」追いかけているわけですね。要するに「車に反応しているわけではない」のです。車と見れば興奮する、というだけだったらワンドのエースは出ません。何か「反応」を示すようなものが出るはずなのです。もちろん他のカードともあわせてリーディングしたところ、上記のような結果になりました。
なお、「忘れられない」というのは以前にも出た「judgment」の逆位置です。リーディングは、カードの意味をそのまま見れば良いというものではないのですが、今回のようなケースは特に「カードそのまま」のやり方では読み取れないと思います。

今回もまた「不可解な行動」のご相談でしたが、同じような行動に見えてもそれぞれ別の事情があるのですね。また、そういう行動はたいてい「何かに反応して」という場合が多いのですが、今回は少々意外な結果でもありました。
今回の行動の原因になっていることに関してさくらちゃんがすごく傷ついているとかいうのであれば何とかしてあげなくてはなりませんが、幸いそういうふうには出ませんでした。誰かに見放されたとか捨てられた、などとは思っていないようです。
動物の行動は私たちにはわかりにくいことが多いのですが、逆に言えば私たちの行動も彼らにとってわかりにくいところがあるかもしれません。私たちからすれば「こうしているんだからまさかわからないなんてことはないだろう」と思えるようなことでも、彼らにはそういうふうには伝わっていないかもしれません。一方で「まさかそんなことまで伝わっていないだろう」というようなことがしっかり伝わってしまっていたりするのです。そう考えると動物を相手にするのは大変ですが、いつも書いているように「だからこそ面白い」のではないか、と私は感じています。



鑑定者紹介

碧海 ユリカ (あおみ ゆりか)

慶応義塾大学大学院文学研究科修士課程修了

潮島郁幸に西洋占星学を師事する傍ら独自のタロットカードリーディングを研究、「運」より「意識」を重視し、深い洞察と直観により幅広い分野における的確かつポジティブで元気が出るリーディングに定評がある。(大の猫好き!)


●ホームページ http://www.eureka-aomi.jp/
●ブログ http://ameblo.jp/eurekamoureuse/

※携帯サイトは右のQRコードからご覧下さい。


ニックネーム アセラ事務局 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする