2011年07月18日

Vol.30

Vol.30

他の子と馴染もうとしないひめちゃん
どんなことを考えてるのか知りたいです!

●飼い主:ゆめさん 女性
●愛犬:ひめ 3歳 女性
ゆめちゃんのマタニティダイアリー
http://yume-hiryu.a-thera.jp/

ひめちゃんのママは我が家初のチワワでした。 そして大変安産型の子でしたがひめちゃんを生んだ時は体調が悪かったのか?2008年4月8日 午後2時過ぎ頃でしたか? 産気づいたのですがなかなか赤ちゃんが出ず病院へ走りました。そして帝王切開となり、4頭の可愛い女の子を生んでくれました手術後なかなか麻酔が切れなくて、とても心配で病院に電話をしましたが普通に息をしているので大丈夫との事でした。でも夜11時過ぎても麻酔が切れなく大きな息を2回したと思いましたらそのまま息を引き取ってしまいました。引き取る直前の私の声が聞こえたと思いますが、4頭の子を残し天国へと旅立ってしまい本当に可哀想でたまりませんでした。

4姉妹は私の手で育てていましたが、5日後に他の子が赤ちゃんを産みまして、ひめちゃん4姉妹を自分の子と一緒に育ててくれ助かりました。ひめちゃんはママと同じ柄をしているので残すことにしました。ひめちゃんはほかの姉妹と違い大変小さく育って1.1キロ程度しかありません。赤ちゃんの頃から大変に落ち着いた子で、手の掛からない子ですどこに行くにも一緒に連れて行ったりしていました。現在は3歳を過ぎましたが、私がひめちゃんのママの分まで大事に育て甘やかしてしまったせいもあるかもしれませんが、一人が大好き、そして近頃はあまりフードも食べず痩せてしまいましたので、1人だけ他の子に隠れて美味しいものをあげている始末です。「何かいいたいことがあるのか?」といつもひめちゃんとお話をして聞いてはいますが・・・。
ひめちゃんの考えていることを知りたいと思いますので、よろしくお願いします

ゆめ

他の子たちと一緒に同じことをするのが苦手なようです。
ゆめさんを独占しているようなときには特に満足しているのでしょう。


回答

ひめちゃんは生まれてすぐにお母さんを亡くして、生みのお母さんの記憶はまったくありませんが育てのお母さん犬がしっかりしていたのでしょう、何も不自由はなかったようですね。小さいのは生まれつきの体質もあると思います。聞き分けがよいように見えてもある部分では甘ったれでわがままなところがあり(これはゆめさんが可愛がり過ぎてしまったせいもあるでしょうが)、部分的には「すぐにいうことを聞かない」面が見られます。ごはんをあまり食べない、というのはその面のあらわれでしょう。本当に嫌で食べられないのではなくて、「いまはイヤ」みたいな感じで甘えているのだと思います。
「一人が大好き」とありますが、これはカードによると『集団行動が苦手』というふうに出ています。他の子たちと一緒に同じことをするのが苦手、なのでごはんもみんなと一緒に同じようには食べなくないという感じだと思います。ですから、ひめちゃんだけ別にごはんを食べさせてあげることじたいには全く問題ありませんが、あまり好きそうではないフードでも根気よく待ってあげれば案外食べるかもしれません。おかしな言い方ですが、動物でも人間でも甘えっこの人は相手に対して「勿体つける」ような態度に出ることがよくあります。もちろん、当人に「そうしてやろう」という自覚はありませんが、甘えの表現としてそういうふうになってしまうのでしょう。

ゆめさんに対してはすごく頼りにして甘えてもいて、今のところ不満はないと出ています。おそらく一緒におでかけしたりしてゆめさんを自分が独占しているようなときには特に満足しているのでしょうね。ゆめさんが他の子たちにかかりきりになっているところに割り込むような性格ではありません。遠慮しているのではなくて集団に入るのが好きではないのです。ゆめさんを独占できるまでおとなしく待っているほうが性に合っているし、それなりの自信もあるのでしょう。「落ち着いた子」というのはそういう面のあらわれだと思います。弱い性格ではないのにおっとりしています。何だかある意味で「お姫さまタイプ」ですよね、お名前のとおりですね。

その一方で、やはり甘えの表現としてやや「我を通す」面も出ています。しかし、根競べになれば最後は自分が折れるようなのです。食事については健康面のお気遣いもあるでしょうから、あまり甘やかしすぎないほうがよいと思います。そうすることでひめちゃんからの信頼が損なわれることはないでしょう。
ひめちゃんが自分の境遇について何らかの不満や寂しさを抱いているようなことはありません。生まれたときに思わぬ事故でお母さんを亡くしてしまったとはいえ、それによって「お姫さま」のように育ててもらえたのはこの子にとっても良かったと感じます。

ポイントカード:wand7

これは「自分の力で何とかなる」「ひとりで頑張れる」などというように自立性をあらわすカードです。ひめちゃんは甘えっこではありますが弱い性格ではない、いわゆる「一人では何もできません」という依存タイプではなくて、「一人でもさびしくない」が、そのうえでゆめさんには甘えてみたい。このカードは「自信」をあらわす場合もあるので、ゆめさんに甘えるのは「私は大切にされているのだ」という自信のあらわれとも言えるでしょう。


Temperance(節制)の逆位置は、思い通り・スムーズに動かない・進まないというような意味があります。ここではひめちゃんの「動き」として出ました。「気持ち」のほうには「甘え・自信」などが出ていたので、そういう気持ちゆえに敢えてわがままを通そうとしたりするときがあるのかな、と思います。また、このカードの逆位置には「相手に合わせない」「気持ちと行動が一致しない」という意味もあります。集団が苦手なひめちゃん、ゆめさんに対してきき分けがいいのは別にゆめさんに「合わせて」いるわけではなくて、やはり信頼関係と自信ゆえなのでしょう。

動物は言葉を解さないので何を考えているかわからなくて・・・と思う人は多いですよね。しかし、言葉があってもウソをつくこともできるわけですし、本心と違うことを言う場合もあるのです。言葉がわかったって言うことをきかない人もいるのだし、言葉があることによって却って「何を考えているかわからない」とか、誤解が生じる可能性が出たりするのです。にもかかわらず私たちはあまりにも言葉に頼りすぎたりこだわり過ぎたりしてしまっているので、人間関係の問題や悩みは絶えないのでしょう。 そう考えれば、言葉を解さない動物とのコミュニケーションも少し違ったふうに思えてきませんか?言葉によって惑わされたり傷つけられたりすることが一切ない、私たちが彼らによって癒されるのはそういう事情もあるのかもしれません。



鑑定者紹介

碧海 ユリカ (あおみ ゆりか)

慶応義塾大学大学院文学研究科修士課程修了

潮島郁幸に西洋占星学を師事する傍ら独自のタロットカードリーディングを研究、「運」より「意識」を重視し、深い洞察と直観により幅広い分野における的確かつポジティブで元気が出るリーディングに定評がある。(大の猫好き!)


●ホームページ http://www.eureka-aomi.jp/
●ブログ  http://ameblo.jp/eurekamoureuse/

※携帯サイトは右のQRコードからご覧下さい。


ニックネーム アセラ事務局 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする